事業再構築補助金(公募要領は3月発表予定)

概要


”事業再構築補助金”とは
2020年第三次補正予算にて、
中小企業向けの補助金として新たに導入される補助金制度で、

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
新分野展開や業態転換、
事業・業種転換等の取組、
事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す
中小企業の新たな挑戦に要する費用を補助するものです。

簡単に言うと、
コロナの影響で売上が減少したことをきっかけに、
業態を変えたり、新しい分野に取り組んだり、事業を再構築する中小企業を支援する補助金です。

補助金の申請には要件があります。

 

申請要件


対象者

① 申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して
  10%以上減少
している中小企業等。
事業計画を認定経営革新等支援機関や金融機関と策定し、
  一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。
③ 補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加、
  又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加の達成。

※補足※

要件① コロナ以前の同3か月というのがどの期間を指すのかはまだ発表がありません。
要件② あさひ税理士法人も認定経営革新等支援機関ですので、ぜひご相談ください。
要件③ 付加価値額とは、経済産業省のよくある問い合わせによると
    営業利益、人件費、減価償却費を足したものとする予定だそうです。
    増加要件を達成できなかった場合のペナルティなどは現在未定です。

 

補助額・補助率


補助額・補助率
(中小企業)

■通常枠  補助額 100万円~6,000万円 (補助率 2/3)

■卒業枠 * 補助額 6,000万円超~1億円 (補助率 2/3) 
*卒業枠:400社限定。事業計画期間内に、①組織再編、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれか
により、資本金又は従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長する事業者向けの特別枠。

補助額・補助率
(中堅企業)

■通常枠  補助額 100万円~8,000万円 (補助率 1/2)
※4,000万円超は1/3

■グローバルV字回復枠 補助額 8,000万円超~1億円 (補助率 1/2)

緊急事態宣言特別枠という新しい枠が追加されていましたが、静岡県には現時点で宣言が出ていないので、こちらは割愛します。

 

補助金対象の経費例


リーフレットの2枚目に記載があります。

建物費、建物改修費、設備費、システム購入費、外注費(加工、設計等)、研修費(教育訓練費等)、技術導入費(知的財産権導入に係る経費)、広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)等
【注意】 補助対象企業の従業員の人件費及び従業員の旅費は補助対象外です。

 

申請方法・申請時期


申請時期に関しましては、3月予定とされています。

申請方法はjGrants(電子申請システム)での申請受付が予定されています。
申請を考えている方は申請に必要となるGビズIDを事前に取得することをお勧めします。

GビズIDの取得をする方はこちらからjGrantsのページにアクセスできます。→https://www.jgrants-portal.go.jp/


※GビズIDは、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスです。
 GビズIDのHPにある「gBizIDプライム作成」からアカウント発行申請ができます。
 GビズIDプライムの発行には、申請から通常2~3週間要します(発行申請の状況によっては、3週間以上要する場合があります)。

 

まとめ


まだ詳細が未定なので、詳細が発表され次第、HPを更新していく予定です。
続報をお待ちください。

出典:中小企業庁・経済産業省 https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html
画像が見にくい場合は上記URLの中小企業庁のページからリ-フレットのPDFをご確認ください。
その他よくある質問等も載っていますのでより詳しく知りたい方は、ご覧ください。